医院・歯科医院開業・経営のお手伝いは湯沢会計事務所にお任せください

湯沢会計事務所

YUZAWA Accounting Office

湯沢会計事務所
文書作成日:2021/05/13
令和3年度介護報酬改定/制度の安定性・持続可能性の確保

 令和3年度介護報酬改定について、今回は「制度の安定性・持続可能性の確保」に関する改定内容に注目します。

 必要なサービスを確保しつつ、適正化・重点化を図るべく、以下の改定が行われました。

(1)評価の適正化・重点化

  1. 通所系、多機能系サービスについて、利用者の公平性の観点から、同一建物減算適用時等の区分支給限度基準額の計算方法の見直しを行う。
  2. 夜間対応型訪問介護について、月に一度も訪問サービスを受けていない利用者が存在するなどの実態を踏まえて、定額オペレーションサービス部分の評価の適正化を行う。
  3. 訪問看護及び介護予防訪問看護について、機能強化を図る観点から、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士によるサービス提供に係る評価や提供回数等の見直しを行う。
  4. 介護予防サービスにおけるリハビリテーションについて、長期利用の場合の評価の見直しを行う。
  5. 居宅療養管理指導について、サービス提供の状況や移動・滞在時間等の効率性を勘案し、単一建物居住者の人数に応じた評価の見直しを行う。
  6. 介護療養型医療施設について、令和5年度末の廃止期限までに介護医療院への移行等を進める観点から、基本報酬の見直しを行う。
  7. 介護職員処遇改善加算(W)及び(X)について、上位区分の算定が進んでいることを踏まえ、廃止する。(※1年の経過措置期間を設ける)
  8. 生活援助の訪問回数が多い利用者のケアプランについて、事務負担にも配慮して、検証の仕方や届出頻度の見直しを行う。区分支給限度基準額の利用割合が高く訪問介護が大部分を占める等のケアプランを作成する居宅介護支援事業者を対象とした点検・検証の仕組みを導入する。
  9. サービス付き高齢者向け住宅等における適正なサービス提供を確保する観点から、事業所指定の際の条件付け(利用者の一定割合以上を併設集合住宅以外の利用者とする等)や家賃・ケアプランの確認などを通じて、自治体による更なる指導の徹底を図る。
(2)報酬体系の簡素化
  1. 療養通所介護について、中重度の要介護者の状態にあわせた柔軟なサービス提供を図る観点から、日単位報酬体系から、月単位包括報酬とする。
  2. リハサービスのリハマネ加算(T)、施設系サービスの口腔衛生管理体制加算、栄養マネジメント加算について廃止し、基本報酬で評価する。
    処遇改善加算(W)(X)、移行定着支援加算(介護医療院)を廃止する。個別機能訓練加算(通所介護)について体系整理を行う。

 以下の資料に今回の改正事項の主な内容がまとめられています。ご確認ください。

■厚生労働省「令和3年度介護報酬改定の主な事項について

参考:
厚生労働省「令和3年度介護報酬改定について


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
 本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。